ここから本文です

引退の阪神・横田に続々惜別コメント 矢野監督「手本になるモノを見せてくれた」

9/22(日) 22:57配信

デイリースポーツ

 脳腫瘍からの実戦復帰を目指してきた阪神・横田慎太郎外野手(24)が22日、西宮市内で会見し、今季限りでの引退を表明した。矢野監督や同期入団の選手たちからは、ねぎらいや惜しむ声が相次いだ。

 矢野監督「俺が去年2軍監督の時、やれることを目いっぱいやって、グラウンドでは誰よりも声を出していた。悔しかったり、いろんな思いはあると思うけど、手本になるモノを見せてくれた。いつも感心して見ていた」

 岩貞(同期のドラフト1位)「復帰して1軍でやるというのを掲げてやっていたんですけど…。そのための努力をしている姿というのは尊敬すべきというか、自分たちもまねをしていかないといけない。同期みんな仲が良かったので、ユニホームを脱ぐのは寂しい気持ちです」

 陽川(同期の同3位)「正直、びっくりしました。ずっと頑張っている姿を見ていたんで…。でも、これからの人生の方が長いんで。今後も頑張ってほしいですね。まずはお疲れさまというところですね。ひとつの区切りとして」

 梅野(同期の同4位)「同じ九州から来て、大卒高卒は違うけど弟っぽい、かわいい後輩だった。同期で、同じ舞台(1軍)で戦えたことが1番の思い出。そういう戦いは、あの時にしかできなかったわけだから。一緒に戦えたのが1番の思い出です」

 岩崎(同期の同6位)「持ってるモノのすべてがいい選手だった。足も速くて打つことができる。非常に楽しみな選手だったと思います。今日話して『ありがとう』と伝えました」

 福留(同じ鹿児島県出身)「本人、家族が一番つらかったと思う。両親に感謝してね。ちゃんと『ありがとう、と言いなさい』と伝えました。彼は人が経験することのないぐらいの経験をしてここに立っている。そういう強さがある。どんな道に進もうと、僕ができる限りの応援をするし、かわいい後輩に変わりはない。手助けできることがあれば、してあげたいと思います。まずはゆっくりしてね、ここから先の人生の方が長いですから。ひとまずお疲れさまと伝えたいです」

 原口(自身は大腸がんから復活)「僕がリハビリしている時に、横田の一生懸命さっていうのは、誰もが見習うべきところだと思っていた。本人にとってすごく短かったと思いますけど、本当にお疲れさまという気持ち」

 北條(引退会見で花束の贈呈役を務める)「僕の1人目の後輩だったので、一緒にいる時間があったし。いろいろな思い出がある。リハビリをしっかりして、頑張っている姿を見ていた。僕は(当時)肩の脱臼をしていたので本当に励まされました。寮でごはん食べている時とか、そういう時間がすごく長かったので。ずっと一緒にいたっていう感覚です。(自分から切り出して)あいつの分まで頑張ります!」

 高山(16年の開幕戦では1、2番コンビを組む。引退会見で花束贈呈役を務める)「寂しいですね。(自身が)寮にいた2年間は、ずっと一緒にいたので。よく部屋も荒らしに行きましたし。横田らしいと思ったのは、(16年の)開幕戦でものすごく緊張してて。スタンドに投げいれるサインボールを持っているんですけど、キャッチボールをする時に、そのボールを投げてきて。これ、お前のサインボールだぞって(笑)。それぐらい緊張してて、あいつらしいなって。仲は変わらない。プライベートは今まで通り、仲良くしていきたい」

最終更新:9/22(日) 23:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事