ここから本文です

ジェイ・ホワイト、内藤哲也下しIWGPインターコンチ初戴冠…新日全成績

9/23(月) 0:02配信

スポーツ報知

 ◆新日本プロレス「DESTRUCTION in KOBE」大会(22日、兵庫・神戸ワールド記念ホール、観衆6148人満員)

 メインイベントでIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(37)にジェイ・ホワイト(26)が挑戦。ジェイは今年8月のG1クライマックス・ブロック戦で内藤を下した勢いそのままに必殺のブレードランナーさく裂。3カウントを奪い、インターコンチ王座初戴冠を果たした。

 また、セミファイナルのスペシャルシングルマッチでは、後藤洋央紀(40)がヘビー級転向を果たした鷹木信悟(36)と対戦。G1で敗れた難敵に牛殺し式GTRからの正調GTRで快勝。後藤はメイン終了後、新王者・ジェイを挑発。王座挑戦をアピールする場面もあった。

 ▽6人タッグマッチ15分1本勝負
 〇辻陽太、永田裕志、上村優也(10分05秒 逆エビ固め)中西学、マイケル・リチャーズ、アレックス・コグリン●

 ▽第12回ヤングライオン杯争奪リーグ戦15分1本勝負
 〇クラーク・コナーズ(7分25秒 逆エビ固め)成田蓮●

 ▽同
 〇カール・フレドリックス(7分17秒 高角度逆エビ固め)海野翔太●
 ※フレドリックスがヤングライオン杯優勝

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負
 〇チェーズ・オーエンズ、バッドラック・ファレ、高橋裕二郎(8分22秒 パッケージドライバー→片エビ固め)真壁刀義、本間朋晃、トーア・ヘナーレ●

 ▽8人タッグマッチ30分1本勝負
 〇鈴木みのる、ザック・セイバーJr.、金丸義信、DOUKI(3分10秒 反則)棚橋弘至、ロッキー・ロメロ、タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー●

 ▽10人タッグマッチ30分1本勝負
 〇YOH、ウィル・オスプレイ、YOSHI―HASHI、SHO、石井智宏(9分40秒 横入り式エビ固め)エル・ファンタズモ、石森太二、KENTA、タマ・トンガ、タンガ・ロア●

 ▽6人タッグマッチ30分1本勝負
 〇SANADA、EVIL、BUSHI(13分50秒 Skull End)オカダ・カズチカ、飯伏幸太、ロビー・イーグルス●

 ▽スペシャルシングルマッチ60分1本勝負
 〇後藤洋央紀(20分27秒 GTR→片エビ固め)鷹木信悟●

 ▽IWGPインターコンチネンタル選手権試合60分1本勝負
 〇ジェイ・ホワイト(29分47秒 ブレードランナー→片エビ固め)内藤哲也●
 ※ジェイが第23代王者に

最終更新:9/23(月) 0:04
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事