ここから本文です

多数の声優事務所のスカウトを受けられる 第十四回 声優アワード 新人発掘オーディション募集中

9/22(日) 10:14配信

デビュー

 1年で「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な「声優を対象とするアワード」として06年に設立された『声優アワード』。日本音声製作者連盟、KADOKAWA、小学館、集英社、プロダクション、文化放送、アーイメージらがアニメ・声優業界各社と協力し、声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供。毎年、声優地位の向上を目的として開催されており、今年で12回目を迎える。その『声優アワード』とともにスタートした声優の登竜門「新人発掘オーディション」が今年も開催される。

【写真】第十三回声優アワードにおいて初代「MVS賞」に選ばれた神谷浩史

 このオーディションで特徴的なのは、ドラフト形式で行われる最終審査。例年20社前後の声優系の事務所の担当者が審査員として参加し、所属交渉を希望する出場者にスカウトの札を上げる形式で行われる。複数の事務所の札が上がった場合には、抽選・協議によって交渉権を決定する。「新人発掘オーディション」出身者からも活躍中の若手が輩出。三上枝織は第二回の合格者で、その後「第六回声優アワード」で新人女優賞を受賞するなど高い評価を受けている。

 合格者には、声優養成所への特待生としての入学、もしくは事務所への所属、ラジオ番組への出演が約束される。応募資格は18歳以上の男女。応募の締め切りは11月5日(必着)。応募の方法はオーディション情報サイト「デビュー」に掲載されている。

最終更新:9/22(日) 10:14
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事