ここから本文です

金1個の女子、海外勢に負けない肉体作りを…レスリング世界選手権総括

9/23(月) 6:13配信

スポーツ報知

 【ヌルスルタン(カザフスタン)22日=高木恵】レスリング世界選手権最終日が行われた会場で日本協会の西口茂樹強化本部長が取材に応じた。グレコローマン、男女フリーの3種目で金メダル3、銀3、銅3の結果を「厳しい結果。金5個取るつもりで来て3つ。そのうち1つは非五輪。そう考えると厳しい」と振り返った。

 特に女子の金メダルは57キロ級の川井梨紗子の1つのみ。海外勢にひけを取らないだけの肉体作りを課題に挙げ、今後はさらにウェートトレーニングに力を入れていく。11月の国別対抗戦の女子W杯に今大会代表の“1軍選手”を出場させる方針であることも明かした。

最終更新:9/24(火) 8:04
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事