ここから本文です

【関西六大学】大商大、劇的サヨナラでリーグ新の21連勝…エース大西が完封

9/23(月) 10:19配信

スポーツ報知

◆関西六大学野球 ▽1回戦 大商大1―0神院大=大商大1勝=(22日・わかさスタジアム京都)

 大商大がリーグ新記録の21連勝を飾った。0―0の9回2死二塁、工遼汰遊撃手(4年)が右翼フェンス直撃のサヨナラ二塁打。龍谷大(00~01年)と並んでいた連勝記録を塗り替えた。ドラフト候補右腕・大西広樹投手(4年)は先発し、9回3安打6奪三振で完封。大経大は大院大に2―1でサヨナラ勝ちし、龍谷大対京産大は悪天候のため試合中止となった。

 エース・大西の力投が報われて、チームはちょうど1年前の9月22日から始まった連勝を伸ばした。4回以降安打を許さず、95球の省エネ完封。「今日は絶対に落とせない一戦だった。監督さんに『お前がしっかり決めろ』と言われていました」と気迫の投球を見せた。中日、阪神など3球団が視察し、中日・米村チーフスカウトは「川上憲伸のようなタイプ」と評した。最速148キロ右腕は「勝ちにこだわっていきたい」と連勝記録の更新と春秋連覇を目指す。

最終更新:9/24(火) 2:46
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事