ここから本文です

【バドミントン・中国OP】男子シングルス・桃田、女子ダブルス・タカマツが決勝進出!

9/22(日) 7:50配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

9月21日、バドミントンのBWFワールドツアー、中国オープン(中国・常州)は大会5日目。各種目準決勝が行われ、日本勢は男子シングルスと女子ダブルスの2種目で、決勝進出を果たした。

男子シングルスで世界選手権2連覇中の桃田賢斗(NTT東日本・世界ランク1位)は、リオ五輪金メダリストのチェン・ロン(中国・同5位)に勝利。1時間27分に及ぶ戦いを制し、2年連続で決勝進出を決めた。

女子ダブルスでは、リオ五輪金メダルペアの高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス・世界ランク3位)と、福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜・同2位)が直接対決。こちらも1時間を超える激闘の末、高橋/松友が決勝進出。22日の決勝では昨年に続く連覇をめざし、世界ランク4位の中国ペアと戦う。

バドミントン・マガジン編集部

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事