ここから本文です

日本初の“マイクロブタカフェ”に潜入![コブタ写真まとめ]

9/22(日) 9:00配信

FASHION BOX

かわいくて、人懐こくて、きれい好き。トイレも覚えるかしこいペットとして、小さなブタが注目され始めています。その名も「マイクロブタ」。マイクロブタの発祥地イギリスではペットとして一般的なようですが、日本ではまだその存在はあまり知られていません。そのブタたちと触れ合えるカフェへ行ってきました。マイクロブタのたくさんの魅力をお伝えします!

マイクロブタって??

私たちがイメージする一般的なブタは体重が約100~300kgもあり、観光牧場のふれあい広場などによくいるミニブタでも成長時の体重が約40~100kgとやや大きめです。一方、マイクロブタは成長しても40kg以内。屋内でも飼いやすい中型犬ほどのサイズです。

かわいい仕草に釘づけ!

ちょっと一休みするときにする「あご乗せ」。あごを何かに乗せる仕草です。コブタには人の腕や足の高さがちょうどよいよう。人のふくらはぎにあごを乗せたまま寝落ちしちゃうなんてことも。

また、ブタはまるで人間の手のように鼻を器用に使いこなします。ブタの祖先はイノシシで、鼻で土を掘ってエサを探すという野生のイノシシの習性をブタも引き継いでいます。鼻で何かを掘ることは楽しいことであり、ストレスの解消にもなるそうです。ホリホリする仕草をよく見かけます。

べったり! 甘え上手の子ばかり

ブタには群れる習性があり、寝るときも仲間とくっついて寝るのを好みます。からだが他の仲間や人に触れ合っているほうが安心なようです。相性もあり、仲よし同士はいつも一緒に行動していました。もちろん人に背中やお腹をマッサージしてもらうのも大好き。マッサージが上手だと、自分でからだの向きを変えて催促することもあります。

ずっと一緒にいたい!!

マイクロブタの寿命は15年ぐらい。生まれて2年ぐらいまでからだの成長が進むといわれています。コブタのころは肩にも乗るぐらい小さかった子も、生後1年を過ぎるころには大人のブタへと成長します。おっとりした子、活発な子、人懐こい子、ツンデレな子、成長の早い子、ゆっくりの子 etc. それぞれに違いがあって、その個性もまたマイクロブタの魅力です。

1/2ページ

最終更新:9/22(日) 9:00
FASHION BOX

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事