ここから本文です

枯葉を取り除いたらボールが動いた! 1打罰となる? ならない?【ゴルフルール早わかり集】

9/22(日) 6:33配信

みんなのゴルフダイジェスト

2019年から施行されたゴルフの新ルールの中から、知っておくべきルールを「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より紹介。

Q:球をカラスが持ち去ったかもしれない。 どうすればいい?

答え:確実にカラスが持っていったなら罰なしにリプレース

解説:自分の球がカラスによって持ち去られたことがわかっているか、事実上確実だという証拠があれば、罰なしに元の位置に別の球をリプレースすることができます。元の位置が不明な場合は推定してリプレース。事実上確実だという証拠がなく、また球を探し始めてから3分以内に自分の球を見つけることができなければ紛失球となります。

Q:球の真後ろにある枯葉を取り除いて球が動いたら?

答え:ルースインペディメントは球が動かないように取り除く。

解説:1罰打を受け、球をリプレース。ただし、球がパッティンググリーン、ティーイングエリアにある場合は、罰はありません。

Q:プレーヤーが球を動かした原因となったかわからない場合、どう判断?

答え:「事実上確実」でなければプレーヤーが動かしたことにならない

解説:プレーヤーが球を動かす原因となっていたかどうかを判断する場合は、「わかっているか、事実上確実」という基準を使います。「わかっている」は100%の証拠がある、「事実上確実」は 95%以上の強い証拠があるという意味です。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:9/22(日) 6:33
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事