ここから本文です

世界初の専門店! 職人の探求によって生まれた「クラフトコーラ」って何だ?

9/22(日) 11:05配信

食べログマガジン

〈おいしい仕事の仕掛け人〉

「食」の可能性を信じて、ビジネスに取り組む人にフォーカスする連載。第5回は世界初のクラフトコーラ専門メーカー「伊良(いよし)コーラ」を立ち上げた株式会社GRAND GIFT代表取締役・小林隆英さん。他には真似できない深い香りと味わいを、たった一人で生み出したそのパワーの源は、自身のDNAに刻み込まれた探求心とクラフツマンシップにありました。

コーラの常識を覆す! 世界の誰もが知るドリンクを、職人の探求心で唯一無二の味わいに【株式会社GRAND GIFT代表取締役 小林隆英 Takahide Kobayashi】

1989年東京都出身。北海道大学農学部・東京大学大学院農学院を修了後、広告代理店に入社。イベント関連業務を担当。2018年7月に独立し、伊良コーラを立ち上げる。

11月にはクラウドファンディングを行い、クラフトコーラ工房が完成。2019年より通販サイトをオープンし、全国でシロップ購入が可能に。現在、週末は「コーラ小林」を名乗り、青山ファーマーズマーケットなどを中心にフードトラック“カワセミ号”で伊良コーラを販売中。

【一杯のコーラで社会に驚きを届ける】――週末の移動販売ではフードトラックの前に行列もできるという伊良コーラですが、世界初のクラフトコーラ専門メーカーを立ち上げたきっかけを教えてください。

小林:もともとコーラが好きな“コーラマニア”だったんです。といっても、本格的に飲み始めたのは大学生の頃。実は片頭痛持ちなんですが、コーラの発祥は薬として作られていて頭痛にいいと聞き、飲むようになりました。お酒があまり飲めないこともあり、バーでもコーラなら大丈夫という側面もあったんです。

大学から大学院時代にかけては、世界中を旅したんですが、どこの国にいってもその地域のコーラがあるんですよ。でもこんなに世界に普及しているのに、歴史や原料などが明確なお茶やコーヒーと違い、コーラが何からできているかって実は知らないなと気がついて。 そんな不思議な液体なのに、みんななぜ普通においしく飲んでいるんだろう?そもそもコーラという名はどこから来たんだろう? そんな疑問をずっと抱いていたんです。

――それが飲むだけではなく、作るようになったのは?

小林:ちょうど大学院から社会人になる頃、ネットサーフィンをしていたら100年以上前のコーラのレシピを見つけたんです。1885年にアメリカの薬剤師が薬として開発したという起源や歴史、原材料である西アフリカ原産のコラの実からその名がついたことなどを知り、純粋に驚いたんですよね。それで作ってみようと。

1/4ページ

最終更新:9/22(日) 11:05
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事