ここから本文です

エース嘉手苅145キロ11K!日本航空石川が北信越切符…18年以来センバツへ 「星稜に勝って行く」

9/22(日) 0:29配信

中日スポーツ

◇21日 秋季高校野球石川県大会準々決勝
日本航空石川12-2小松大谷(7回コールド)

 2018年以来のセンバツ出場を目指す日本航空石川は先発した右腕・嘉手苅(かてかる)が7イニング3安打2失点の好投。コンディション不良でこの日が今大会初登板だったが、190センチの長身から繰り出す最速145キロの直球とスライダーを武器に今夏の石川大会準優勝の小松大谷から11奪三振。準決勝進出の原動力となった。この1勝で、チームは2年ぶりの秋季北信越大会出場が決定。「テンポ良くストライクをとることを心掛けました」と振り返った嘉手苅は「自分たちが星稜に勝って来年のセンバツに行くという気持ちで、これからもやっていきたい」と意気込んでいた。

最終更新:9/29(日) 23:44
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事