ここから本文です

【完売必至】吉田カバン・ポーターのコラボバッグ4連発!

9/22(日) 7:02配信

LEON.JP

バッグ選びは、まずポーターのコラボをチェックしてから。そう断言する人も、少なくないでしょう。わかります、その気持ち。それではお届けしましょう、ポーターコラボの新作ラインナップです!

トレンド素材で遊ぶ? シンプルデザインで大人に?

バッグ特集となれば、吉田カバンのポーターは欠かせない存在。しかもコラボとなれば、尚更です。毎シーズン、コラボコレクションが充実しているのが魅力の一端であるポーター。今シーズンも各ブランドの個性を注入した、インラインでは見られないデザインが目白押しです。

今回ご紹介するのは4ブランドとのコラボ。うち2ブランドは、透け感というトレンドキーワードを取り入れたもので、夏の遊びバッグとして注目したいところ。他2ブランドは、大人の休日街歩きにオススメなシンプルバッグをご紹介。毎度のことですが、ポーターとのコラボは完売必至なので、入手はお早めに。

トレンド系コラボといえば、やっぱりここです/「ポーター×バル」

トレンド性の高いアレンジが毎回好評を得ている、お馴染みコラボ。今回ご紹介するバッグでも、トレンドの透け素材をクリアポケットとして採用しています。左はサコッシュ、右はスリングバッグ。両バッグ共に、さらにライニングにネオンイエローを配し、トレンド感を後押ししています。

スポーティな素材で作る大人の色気トート/「ポーター×5525ギャラリー」

日本発同士、それも高品質に定評あるブランド同士とあって、その素材使いも実に巧みです。本体は、コットンキャンバスにクリアなPVC素材をレイヤード。さらに3サイズのハンドルにはレザーを配するなど、シンプルなトートバッグを異素材使いで存在感あるバッグに仕上げています。

シンプルだからこそ、色々と使えそうです/「ポーター×マッキントッシュ」

ロゴパッチさえも、同色ステッチによるエンブロイダリーで施し主張を控えたこちら。その構造も、ドローコードで縛るだけと極々シンプルです。ポーターお馴染みのナイロン生地は、クッション材も排除し超軽量に。昨今人気の巾着バッグとして、またトラベルでのオーガナイザーバッグとしても活躍してくれます。

ドローコードは、一般的な留め具のツマミを押して引っ張るタイプではなく、ストラップを引けば自動的にロックが緩み素早く開けることができます。

コンパクトでも存在感は十分あります/「ポーター×ウィーウィル」

中央に配したジップにより、左右にセパレートする斬新なアイデアのデイパックが話題を呼んだコラボですが、こちらは打って変わってシンプル。レザー製のサコッシュで、細身のメタルチェーン付き。とはいえ、ブラック×ゴールドはラグジュアリー感があり、大人の休日コーデのアクセントに活躍します。

※掲載商品は原則税抜です

写真/栗原大輔(Roaster) スタイリング/高塩崇宏、笠島康平 文/安岡将文

最終更新:9/22(日) 7:02
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事