ここから本文です

香川真司、2戦連発ならず…サラゴサはホームでドローも無敗を継続

9/22(日) 2:51配信

GOAL

MF香川真司が所属するサラゴサは21日、スペイン・セグンダディビシオン第7節でルーゴと対戦した。

ここまで1試合未消化の中で4勝1分け負けなしと好調のサラゴサが、1勝4分け1敗のルーゴをホームに迎えた。直近のエストレマドゥーラ戦で2ゴール目を挙げた香川は、開幕から6試合連続で先発に名を連ねた。

序盤から押し気味に試合を進めたサラゴサは序盤、香川のCKに正面のドワミーナが合わせるも、枠を捉えることができない。さらに30分には、香川の好スルーパスで抜け出したドワミーナがボックス手前でファウルを受けてFKに。このチャンスでキッカーを務めた香川が直接ゴールを狙うも、このシュートは惜しくも枠を捉えることができない。

徐々に香川がボールタッチを増やしたサラゴサはハーフタイムにかけても攻める。しかし、フィニッシュの精度を欠いたことで先制点を奪うには至らず、逆に45分にはカウンターからクリスティアン・エレーラにバー直撃のシュートを浴びる場面も。試合は0-0のまま折り返す。

迎えた後半、サラゴサは56分にカルロス・ニエトのクロスに対応した相手DFの触ったボールがポスト直撃。オウンゴールでの先制点に迫る。その後、終盤にかけても相手を押し込んだサラゴサだが、守備に人数をかけて粘り強く守る相手に対してゴールを奪うことができず、そのまま0-0で引き分け。香川はフル出場した。

ホームで勝利を逃したものの負けなしを継続したサラゴサはこの後、29日に行われる次節でオビエドとのアウェー戦を迎える。

最終更新:9/22(日) 2:57
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事