ここから本文です

雨天下、高齢者が熱戦 ゆめ・ときめきスポーツ大会 知名町

9/22(日) 13:02配信

南海日日新聞

 鹿児島県沖永良部島の知名町で19日、同町老人クラブ連合会(淵邊精四郎会長)の第47回ゆめ・ときめきスポーツ大会があった。地区別7チームに300人余りが参加。時折雨も激しく降る中、熱戦を繰り広げた。

 テニスのラケットにゴルフボールを乗せて走るスプーンリレーを皮切りに、輪投げや玉入れと競技が続いた。各地区の脚力自慢が参加した男女50メートル走では、降雨が強まる中、選手たちはずぶぬれになりながらも力走した。

 50メートル走の後、昼食時間に入り、その後も天気の回復が見込めなかったため午後の競技は中止した。

 淵邊会長は「選手たちが雨の中でも大変白熱した勝負を見せてくれた。半日だけでも大会を開くことができてよかった」と話した。

奄美の南海日日新聞

最終更新:9/22(日) 13:02
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事