ここから本文です

福大の田川主将決勝弾 九州六大学野球

9/22(日) 7:33配信

西日本スポーツ

 ◆九州六大学野球秋季リーグ第4週第1日 福岡大8-3西南大(21日・桧原運動公園野球場)

【スコア】福岡大-西南大の試合結果

 九州六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社など後援)第4週第1日は21日、福岡市の桧原運動公園野球場で3試合があり、福岡大が4勝2敗で並んでいた西南大に8-3で勝った。5回に主将の田川賢汰(3年・海星)が大学初本塁打となる勝ち越し3ランを放ち勝利を決めた。北九大は8-2で九国大を破り、5勝2敗で福岡大とともに首位。久留米大は九州大に延長10回3-2で競り勝って上位進出へ望みをつないだ。台風17号接近のため、22日の3試合は延期が決定。24日午前9時から福岡県飯塚市の筑豊緑地野球場で行われる。

■「大学では初めて」

 主将の一発が福岡大を勝利に導いた。2-2で迎えた5回2死一、三塁。8番田川が4球目の内角直球を振り抜くと、打球は左翼フェンスの向こうにある土手の斜面をえぐった。

 今春のリーグで最多勝と最優秀防御率に輝き、今季3連勝中だった西南大のエース笹川聖文(4年・東福岡)からもぎ取った勝ち越し3ランだ。「大学で本塁打を打ったのは初めて。打ったことがないので感触が分からなかった」。決勝弾に田川は笑った。

 試合では捕手として投手をリードすることに集中。「打撃はあまり気にしていない」と言いながらも、今季は7試合中6試合で安打を放って春の4打点を上回る6打点を挙げている。先発の4年生右腕の上原幸真(鹿児島城西)を3勝目を攻守で強力にアシストした。

 今季から主将を任された。長崎・海星高時代は副主将。「自分は先頭に立つような人間じゃない。でもやるからにはちゃんとやろうと思った」と覚悟を決めて選手103人を束ねている。「みんなを引っ張らなくてはという気持ちが出ているのでは」と堀壮太監督は頼もしい主将をたたえた。

 春まで3季連続で1勝1敗だった西南大に2連勝を決めれば優勝へ大きく近づく。「次に負けてしまっては意味がない。最後まで一戦一戦勝っていきたい」と田川はすぐに表情を引き締めた。 (前田泰子)

■プロ志望の宮田が安打 福岡大

 プロ志望届を提出した福岡大の宮田輝星(ほくと、4年・出水中央)は5打席目で詰まりながらも右翼前へ落ちる安打を放った。「リーグ戦に入って調子が悪い。最後の安打は打球が飛んだところが良かった」と少し苦笑い。50メートル5秒8の俊足を生かすために3年時に右打ちから両打ちに変えた。遠投100メートルを越える強肩も大きな武器。この日は名前の漢字が同じ「吉田輝星」が在籍する日本ハムのスカウトがネット裏で視察していた。「持ち味は足と守備」と九州の「輝星」がアピールを続ける。

西日本スポーツ

最終更新:9/22(日) 7:33
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事