ここから本文です

東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など大人も憧れるヒーローが続々と生まれる沖縄

9/22(日) 12:30配信

高校野球ドットコム

 2017年、東浜 巨(沖縄尚学-亜細亜大-ソフトバンク)が16勝を挙げ最多勝に輝いた。そして翌2018年、山川穂高(中部商-富士大-西武)が本塁打王、多和田 真三郎(中部商-富士大-西武)が最多勝に輝き、沖縄出身選手がプロ野球界を席捲している。

【写真】ベンチへ引き返してくる島袋 洋奨

 この小さな島国から何故、プロの世界で活躍出来る選手が生まれるのだろうか。色々な視点からひも解いてみようと思う。

学童軟式野球界から中学の硬式・軟式野球へ

 学童軟式野球界の頂点を決める大会は、全日本学童軟式野球大会マクドナルドトーナメント。その大きな舞台で2001年、八島マリンズが見事優勝を飾った。神森ロイヤルズに次ぐ二度目の全国制覇だった。

 その八島マリンズからポニーリーグを経て、八重山商工から春夏甲子園出場を果たしたのが大嶺裕太ら。俺たちも続こう。学童軟式野球界が熱くなっていった。だが九州やその他の大会では優勝するものの、どうしても全日本では勝ちあがれずにいた。

 それが昨年、根差部ベースナイン(豊見城)が決勝へ進出。6年生わずか2名という編成で堂々の全国準優勝を成し遂げ、今年、スポーツ少年団全国大会では八重山の真喜良サンウェーブ野球部が準優勝。野球人口の減少は沖縄でも顕著に現れているが、それでも野球好きのDNAを持つ多くの親子によって学童軟式野球界はまだまだ元気だ。

 中学に進むにあたって初めて道が分かれる。ボーイズリーグやポニーリーグなどの硬式と、中学校単位の軟式野球部だ。軟式は中学校単位で出場する「全国」と言われる全国中学校体育大会と、クラブチームの出場を認める「全日本」と呼ばれる全日本少年軟式野球大会が球児たちの夢となる。

 硬式の筆頭はやはり全日本中学野球選手権大会通称「ジャイアンツカップ」。沖縄にはないリトルリーグやボーイズリーグ、ポニーリーグヤングリーグなど団体の枠を超えた真の日本一を決める大会だ。ここでもその夢を目指して硬式チーム入りする小学生もいるが、どちらの球児たちもここでは通過点となる。やはり目標は高校野球で甲子園出場。そのために親も努力を惜しまない。

 中学の軟式野球で監督を務め、その後高校野球に転身した奥濱正先生(宜野座を率いて2001年春の選抜大会ベスト4)や、上原忠先生(糸満を率いて2014年九州地区高校野球大会準優勝)らを輩出。現在も、第32回全日本少年野球大会で豊見城中学を全国制覇へと導いた石川先生(現東風平中学監督)など有望な指導者が多い。

 その一方で、硬式では大野倫(元巨人、ダイエー)親富祖弘也(元西武)、比嘉良智(元ロッテ)などプロの世界を経験してきた人が監督を務めるなど、硬式軟式どちらも魅力があるのが沖縄の野球だ。

1/2ページ

最終更新:9/22(日) 12:30
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事