ここから本文です

海賊船の大型アトラクション新設 東武動物公園、遊園地エリアを一部リニューアル 中高生の年齢区分も新設

9/22(日) 10:31配信

埼玉新聞

 埼玉県宮代町の東武動物公園を運営する東武レジャー企画は来春、遊園地エリアを一部リニューアルし、新規アトラクションを導入すると発表した。

大宮公園の小動物園で気軽に癒しを 人気者はツキノワグマのヨリー、ライオンキングで悪者の猛獣も

 リニューアルするのは遊園地内に3カ所あるエリアのうち、東武動物公園駅方面入り口に近い「プレジャーランド」エリア(約5千平方メートル)。遺跡風の装飾を新たに施し、秘境を冒険する雰囲気を醸し出す。敷地内に40人乗りで左右に大きくスイングする海賊船を模した大型アトラクション「ゴールデンシップ(仮)」を新設し、随所に暗号などの仕掛けを盛り込み、謎解きイベントなども展開していく予定。

 リニューアルに伴い、来年4月1日から入園料などを改定するほか、中高生の年齢区分も新設するという。

最終更新:9/22(日) 10:31
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事