ここから本文です

沈みゆく首都…災害の危機に直面するジャカルタ

9/22(日) 15:05配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【9月22日 AFP】インドネシアの首都ジャカルタには、もう時間がない。ジャカルタは地球上で最も速いペースで沈みつつある都市の一つで、2050年までにその3分の1が水没する可能性があると、環境専門家らが警告している。

 ジャカルタでは何十年にもわたって地下水源が管理されておらず、水位の低下が著しい。加えて海面上昇や、不安定さを増している気象パターンは、土地がすでに消失し始めていることを意味している。

 地震帯に築かれたジャカルタは、13本ある川の合流点近くの沼沢地に位置する。都市基盤は野放しの開発、激しい交通量、不十分な都市計画にさらされてきた。

■浮かび上がる弱さ

 ジャカルタは北部に届く水道システムがないため、地元の産業や何百万人もの住民は帯水層から水をくみ上げている。この大規模な地下水のくみ上げが地盤沈下を引き起こし、一部の地域では年間最大25センチの沈下が起きている。これは世界の主要な沿岸都市の平均の2倍だ。

 今日、一部の土地は海面下約4メートルまで沈み、取り返しがつかないほど景観は変わり、数百万人が自然災害に対して脆弱(ぜいじゃく)な状態に置かれている。

 防護壁の建設はすでに試みられている。ラスディ(Rasdi)地区やその他、危険の高い地区の海岸に沿って、コンクリートの防波堤が建設された。しかし、それらには亀裂が入り、すでに沈下の兆候を示している。海水が割れ目からしみ込み、最貧困地区にある迷路のような狭い通りや小屋に浸水している。

「防護壁建設は恒久的な解決策ではない」とバンドン工科大学(Bandung Institute of Technology)の地球科学者エリ・アンドレアス(Heri Andreas)氏は述べている。

 しかし、最大の原因は過度な地下水のくみ上げだ。貯水施設や広範な水道網の不足により、ジャカルタは地下水のくみ上げなくして需要を満たす方法がないとアンドレアス氏は指摘する。

 映像は7月12、26日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/22(日) 20:14
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事