ここから本文です

それ、「恋」じゃなくて「推し」です!恋愛とファン目線の違いって?

9/22(日) 16:47配信

CanCam.jp

アイドルブーム以降一般的になった「推し」という言葉。
アイドルなどの著名人に向ける感情のあり方を表現する言葉として広まった概念ですが、なにぶん定義があいまいなもの。これを実際の人間関係に持ち込んだり、恋愛感情と混同してしまうと、ちょっと痛い目を見るようです。憧れの先輩や、あまり喋ったことのない相手を理想化するあまり、崇拝に似たような形でしか愛情を表現できなくなってしまう恐れも……。
そこで今回は、混同しないでおきたい「恋」と「推し」の違いを考えてみましょう。

「好きな人」って何?女子100人が「この人好き」と思う9つの瞬間


■まずは「つりあい」が取れているかどうか
恋愛には、心理学者キースラーの提唱する「マッチング仮説」が成り立ちます。これは、恋人として選ぶ相手は自分自身とつりあいの取れた人を選ぶという心理。
そのため、「恋」と「推し」は、自分に分相応か不相応かによって線引きがなされていると言えるかもしれません。あまりにも魅力的な相手に対しては、好きだけど恋愛関係に発展するのは難しいであろうということを認識しているため「推し」という形で接点を持とうとすると考えられるのではないでしょうか。


■素顔を見せられるようになる過程があるか否か
関係性が深くなってくると、相手が弱みを見せてくれたり、逆に自分の弱みを相手に見せられるようになったりします。互いの信頼関係が築かれてきたとき、人は安心して自分の弱みをさらけ出すことができるのです。
恋愛関係の相手に対してはこういった自己開示の過程があるものですが、自己開示の機会がごく稀であったり、内容も薄いもので終わってしまうような距離感の場合、アイドルに対して抱く「推し」とそう大差ない感情のあり方に終始してしまうかもしれません。


■一線を超えられる自信があるか否か
人は行動を起こすとき、一定の目標を立てます。このときの「ここまでは達成したい」と考える基準のことを「要求水準」といいます。人間には、難しいことや無謀そうなことにチャレンジしたくなるという本能があるのです。
つまり、手に入りにくい異性に惹かれてしまうメカニズムがあるのです。しかし、そこで「親しくなりきれそうもない」という認識が働く場合、人は合理化して自分の心を慰める防衛機制が働きます。そういった場合に「推し」という形で自分を納得させ、逆にこの一線を超えられるという自信が持てれば「恋」として向かっていけるのかもしれません。


■求めるほど苦しくなるのは「愛情」そうでなければ「推し」
心理学者ルービンは、相手を好ましいと思う感情を好意(LIKE)と恋愛(LOVE)に分け、それぞれの尺度をつくりました。LIKEに並ぶ感情は、明るいものであることが多いのですが、LOVEはそれだけではなく嫉妬や不安という暗い感情も含んでいます。
また、LOVEには到達点や目標がありません。求めれば求めるほど苦しみも生まれてしまいます。そのため、好きでいることによって安心を得ているような側面が強く、傷つくことを想定しておらず、ある意味で気楽に取り組んでいるとしたら、それは「恋」でなく「推し」でしかないのかもしれません。


「推し」も「好き」も同じ好意という感情であることに、変わりありません。でも、「推し」においては、分不相応感、距離感、親しくなれない線引きがあると言えます。そして、何より「愛することの痛み」がないのが特徴。その気持ちが「押し」なのか「好き」なのか分からなくなったら、この4つの条件を思い出してみましょう。(脇田尚揮)


脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。

最終更新:9/22(日) 16:47
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事