ここから本文です

ELで輝いたアーセナルの控えGK「エメリを悩ませたい」と挑戦状

9/22(日) 12:21配信

SPORT.es

イングランドでは新たな驚きが生まれている。それはアーセナルのGKエミリアーノ・マルティネスのことである。

早くも2敗のバルサ 『致命的』と『悲惨』の2人の戦犯に最低評価


エミリアーノ・マルティネスは、19日に先発出場したヨーロッパリーグ開幕節のアイントラハト・フランクフルト戦の勝利の立役者となった。EL第1節のベストイレブンにも選ばれた27歳のアルゼンチン人GKは、自身の価値を証明し続けたいと試合後のインタビューで主張している。


「ウナイ(・エメリ)はパフォーマンスに基づいて決定を下す監督である。私はプレシーズンでのレアル・マドリー戦や(ELで)フランクフルトと対戦した。彼らはヨーロッパのベストチームだ。私は今日のようなプレーで彼(エメリ)に証明したい」と述べている。


「諦めることはない。今シーズンは非常に重要だ。高いレベルで3つのコンペティションをプレーする必要がある。私は常に準備できている。アーセナルを離れるつもりはない。難しい状況なのは理解しているが、エメリがゴールキーパーを選ぶのを悩ませたい」とマルティネスは続けた。


アルゼンチン人GKは、クラブ内のライバルであるベルント・レノを称えている。そして、代表チームではエステバン・アンドラダとフランコ・アルマーニの間に割って入りたいと考えている。
「レノは素晴らしいGKであり、非常に良く働く男だ。私たちは若くて健在だ。高いクオリティも有している。我々の間には素晴らしい競争がある」と述べている。


「私はU-20でアンドラダと一緒だった。彼と一緒にトレーニングした。彼も素晴らしいゴールキーパーであり、良い奴だ。アルマーニはリーベルで素晴らしい瞬間を過ごしている。彼らはヨーロッパでプレーしていないが、それに値する。私はアンドラダと一緒にナショナルチームで試されるべきだと思っている。彼らと同じレベルにいると思っているからね。代表に呼べれて貢献したい、多くのものを還元できると思う。私はヨーロッパでプレーし、ビルドアップの部分や試合状況を読みながらプレーすることを学んだ」


アルマーニに関して「彼はコロンビアで実績を積み上げてリーベルに行った。しかし(ロシア)ワールドカップでは難しい時を過ごした。W杯は簡単じゃないね。でも彼もナショナルチームにふさわしいGKだよ」と語っている。

SPORT

最終更新:9/22(日) 12:21
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事