ここから本文です

C・ロナウドがアトレティコ戦挑発ジェスチャーの話題に辟易「愚かでしゃべりすぎ」

9/22(日) 11:13配信

GOAL

逆転勝利には喜び

ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドは、アトレティコ・マドリー戦で注目を集めたジェスチャーについて言及した。

18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節で、古巣レアル・マドリーの宿敵であるアトレティコ・マドリーの本拠地に乗り込んだユヴェントス。2点を先行するも終盤に追いつかれて迎えたアディショナルタイム、C・ロナウドは個人技からチャンスを作るも、シュートは惜しくも外れ、2-2のドローで終わった。

しかし、結果以上に注目が集まったのが、終盤でチャンスを決めきれなかった後にC・ロナウドがアトレティコサポーターに送ったジェスチャー。スタンドに向かって手を開いたり閉じたり(イタリアでは「ビビったか?」の意味)する場面が確認されている。

昨シーズンも自身が掲げたビッグイヤーの回数を示す「5」のジェスチャーや、股間パフォーマンスをアトレティコ戦で見せた同選手は試合後、今回のジェスチャーの意味について「学ぶこと、学ぶ必要がある」とのみ話していた。

そんな中、21日の2-1で勝利したヴェローナ戦後に『スカイスポーツ・イタリア』に対して、アトレティコ戦のジェスチャーが依然として話題に挙がることについて「君たちは必要以上にこの話をすることを好んでいるね。愚かで、しゃべり過ぎだ」と辟易とした様子で話した。

また、格下相手に先制されるも、自身のゴールでユヴェントスが逆転勝利した一戦を振り返ったC・ロナウドは、「重要なことはチームの勝利。マドリーであったCLの激しい試合の後で疲れていたけど、僕たちは勝ち点3を手に入れることができた」と公式戦3試合ぶりの勝利を喜んでいる。

ユヴェントスは、ブレシア、SPALと対戦した後、10月1日にホームでCLレヴァークーゼン戦を迎える。

最終更新:9/22(日) 11:13
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事