ここから本文です

ソフトバンクが「天敵」に先制パンチ 明石先頭打者弾&柳田タイムリー

9/22(日) 14:44配信

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(22日・京セラドーム大阪)

 逆転での2年ぶりリーグ優勝へ、もう負けられないソフトバンクが「天敵」へ先制パンチを浴びせた。

【写真】明石は体内年齢18歳 驚異のヤングボディー

 1番二塁でスタメン起用された明石が、オリックスの先発山本が3ボール1ストライクから投じた、高めの148キロ真っすぐを完璧に捉えた。右翼スタンドへ自身初の5号先頭打者アーチを見舞い、打線に勢いをもたらした。

 2番の今宮も内野安打でしぶとく出ると、グラシアルが送りバントを成功させて1死二塁。ここで4番に入った柳田も1ボールからの2球目、外寄りのフォークボールを右前へ運ぶ適時打をマークした。

 ソフトバンクの対山本は、今季ここまで5試合対戦して2勝を献上。防御率も1・59と抑え込まれていた好投手を初回から攻め立てた。

西日本新聞社

最終更新:9/22(日) 14:48
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事