ここから本文です

バルサ、昇格グラナダに完敗…今季リーガ初出場のメッシも完封される《リーガエスパニョーラ》

9/22(日) 6:00配信

超WORLDサッカー!

バルセロナは21日、リーガエスパニョーラ第5節でグラナダと対戦し、0-2で敗れた。

勝ち点7で並ぶ両チーム。前節、新生ファティやデ・ヨングの活躍にスアレスの復帰など朗報が重なったバレンシア戦を5-2で勝利したバルセロナ。直近のチャンピオンズリーグのドルトムント戦では、メッシが今季初出場したものの、結果は0-0のゴールレスドロー。

昇格組相手にリーグ戦連勝を目指す今節、メッシや注目のファティはベンチスタート。スアレスは開幕節以来の先発出場となった。

試合は意外な立ち上がりを見せる。2分、グラナダのゴールキックから、今季初先発した左サイドバックのジュニオール・フィルポがボールを奪われると、A・プエルタスがボックス右から上げたクロスがピケに当たってゴール方向へ。これをアゼーズに頭で押し込まれ、ホームのグラナダの先制を許した。

予想外の展開となったバルセロナ。落ち着いて試合を作ろうとするも、ボールホルダーに激しく寄せるグラナダの守備に手を焼いてしまう。そんな中14分には、A・プエルタスにボックス右隅を突いたシュートを打たれるが、GKテア・シュテーゲンの横っ飛びで弾き出した。

その後もバルセロナがボールを保持するものの、グラナダのチェックが厳しく全くリズムが生まれない。結局、前半はバルセロナが打ったシュートは3本とグラナダを下回り、枠内シュートはゼロに抑えられた。

後半の立て直しを図るバルセロナは、ジュニオール・フィルポとカルレス・ペレスを下げて、メッシとアンス・ファティを投入。すると早速49分に、メッシが倒され良い位置でFKを獲得。だがメッシのシュートは壁に激突した。左ウイングに入ったファティもドリブル突破からチャンスメイク。

少しずつゴールに近づいてきた中で、62分に最後の交代カードを使い、ラキティッチをビダルに入れ替える。しかしその直後、グラナダのセットプレーの際にビダルの手にボールが当たってしまいPKの判定に。これを途中出場のバディージョに決められ、バルセロナは2点のビハインドを背負うことになった。

それ以降もなかなか攻撃の形を作れないバルセロナだったが、36分に左からの折り返しをビダルがシュート。その直後にはボックス左のファティのパスをスアレスがスルーしたところにメッシがボックス中央から狙っていったがGKルイ・シウバに止められた。

結局、バルセロナは最後までネットを揺らすことができす、昇格組相手に0-2で敗北。今季早くも2敗目を喫した。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/22(日) 6:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事