ここから本文です

お手頃ドライバーズカー選手権2019(4) 優勝を飾った30周年のマツダMX-5ロードスター

9/22(日) 16:50配信

AUTOCAR JAPAN

審査員5名中4名が3点を与えたマツダ

320psのホンダ・シビック・タイプRを破り、最高出力182psと低くパワーウェイトレシオでも50ps/tも差のあるマツダMX-5ロードスターが、2度目となる2019年のBBADCを獲得することになった。その評価のポイントはどこにあるのだろうか。

【写真】2019年のノミネート車両 (171枚)

マツダMX-5ロードスターは、確かに間違いなく素晴らしい輝きを持つスポーツカーではあるが、審査員の誰もが少し戸惑ったことは確かだ。それはマツダが圧倒するほどに楽しい操縦性を備えていない、というわけではなく、今回のノミネート車両の中で異なる個性を持っていたことによる。

パワフルというよりも繊細で、心地よく、しなやかで素敵な印象を与える唯一の個性。しかも2シーターのスポーツカーは、5名定員のハッチバックよりも実用性で劣る。BBADCはパフォーマンス性能も重視するが、それより優先されるフィルターは利便性の良さにある。だが、審査員5名中4名がマツダに3点を与え、その個性を否定することはなかった。

「一般道では、クルマのすべてを手中に収めたかのように走れます。サーキットでは、注目を集めるような派手な走りを楽しまずにはいられない」 と魅力をまとめるサイモン・デイビス。 マウロ・カロは「純粋主義者の夢のようなクルマ。お昼に食べたカレーでお腹いっぱいになり過ぎていなければ、日が落ちるまでコースを走っていたかった」 とコメントしていが、折角なのでもう少し詳しく。

手頃な腕時計に収まるスイス製高級ムーブメント

審査員にとって、素晴らしいクルマのドライビングフィールを記憶し、分析するプロセスはとても楽しい仕事でもある。まずはボディサイズのコンパクトさについて。MX-5ロードスターは、アバルト595やミニ・クーパーJCW並みにコンパクトで、英国の狭い道路環境でも生き生きと走ることができる。毎日のように短距離でも自動車を走らせるひとにとって、それはとても重要な要素となる。

走行性能は、理想的なグリップレベルと操縦性の良さとで完璧にバランスしている。英国の高速道や郊外の開けた道路で現実味のある速度域、96km/h~128km/hで走行させれば、MX-5ロードスターは最高の体験を味わわせてくれる。これほど鮮明な感覚は、他のクルマで得ることは難しい。

追い越し加速時は、2速と3速を使って2.0Lの自然吸気エンジンを7200rpmまで引っ張ることになるが、ペダルの素晴らしい踏みごたえと、マニュアル・トランスミッションを操り駆動させるフィーリングは、楽しいのひとこと。手頃な腕時計にスイス製の高級ムーブメントが収まっているかのようだ。

MX-5ロードスターはドライバーの熱意に応える準備が常に整っていて、目的地までの高速移動も、良好なグリップ力としっかりした乗り心地でいとわない。制限速度域で飛ばしている限り大きなうねりや凹凸もしなやかにやり過ごす。ドライバーに操縦する自由度を与えてくれる、後輪駆動ならではの活気のあるハンドリングを備えている。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 16:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事