ここから本文です

イッペイ・シノヅカのCKから大宮が2発! 東京Vを下して5試合ぶり白星

9/22(日) 20:58配信

ゲキサカ

[9.22 J2第33節 大宮2-0東京V NACK]

 J2リーグは22日、第33節を各地で行い、大宮アルディージャはホームで東京ヴェルディと対戦し、2-0で勝利した。MFイッペイ・シノヅカがセットプレーから2ゴールを演出。大宮は5試合ぶりの白星。勝ち点57で2位から4チームが並んだが、大宮は得失点差で5位となった。

 ホームの大宮は前節の横浜FC戦(△0-0)から先発2人を変更し、MF小島幹敏とFWロビン・シモヴィッチが先発に復帰した。対する東京Vは新潟戦(△1-1)から1人を入れ替え、DF小池純輝が起用された。

 雨の中で開催された試合は大宮が立ち上がりからセットプレーのチャンスを作り、シノヅカのCKからFWロビン・シモヴィッチがドンピシャのヘディングシュートで立て続けにGK上福元直人を強襲する。迎えた前半22分、シノヅカが右足で左CKを蹴り込むと、低い弾道のキックがゴールマウスに吸い込まれ、先制に成功した。

 1点ビハインドの東京Vも押し返し、前半26分、MFクレビーニョがPA右手前から強烈な右足ミドルを放ったが、GK笠原昂史の好セーブに阻まれた。前半途中からクレビーニョ、小池、井上が並びを変更。前半36分にはFWレアンドロが負傷交代となり、MF新井瑞希を投入。新井は左ウイングに入り、FWジャイルトン・パライバが最前線に上がった。

 1-0で前半を折り返した大宮は後半16分にMF奥抜侃志が鋭い仕掛けから右足シュートを打ったが、惜しくもゴール左へ。同19分にもカウンターから決定機を迎え、奥抜のパスで抜け出したDF河面旺成がシュートを放ったが、GK上福元が体に当ててセーブ。後半20分にシモヴィッチを下げ、FWフアンマ・デルガドを投入した。

 東京Vは小池がフィニッシュに持ち込むが、雨脚が強まる中、次の1点を奪ったのも大宮だった。後半31分、左CKのチャンスにシノヅカが右足でクロスを上げると、ニアサイドの競り合いからボールが流れる。クレビーニョがゴールライン際で防ごうとしたが、フアンマが粘ってつなぎ、MF酒井宣福が右足でゴール。大宮が2-0で完封勝利をおさめた。

最終更新:9/23(月) 7:07
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事