ここから本文です

ディーン、松下奈緒が楽曲コラボ 2人出演映画「エンジェルサイン」主題歌担当

9/23(月) 5:01配信

デイリースポーツ

 俳優で歌手のディーン・フジオカ(39)と女優でピアニストの松下奈緒(34)が、オムニバス映画「エンジェルサイン」(11月15日公開)の主題歌「Chasing A Butterfly feat.Nao Matsushita」を手がけたことが22日、分かった。映画は5つの短編と2人が主演する「プロローグ」、「エピローグ」で構成。全体を方向付ける2編に主演する2人が音楽でもコラボ、胸を打つ世界観を作り上げた。

 映画でフジオカはピアニストのタカヤ、松下はチェリストのアイカを演じている。108の国と地域から原作を募ったオムニバス作品とあって劇中で言葉は使われず、映像と音楽だけで展開。それだけに主題歌も重要なファクターとなっており、全体を締める2人に大役が任された。

 各編で悲しい別れが描かれ、フジオカは「命が燃え尽きても相手を思う気持ちは変わらず、未来に向かって歩んでほしい。そう切に願う登場人物たちの気持ちに寄り添いながら制作に当たりました」と、楽曲に込めた思いを説明した。

 劇中ではタカヤが作曲したという設定のピアノとチェロの合奏曲「Angel Sign」が使用されているが、「Chasing-」は「『Angel Sign』の他にもしもタカヤがもう1曲だけ作っていたとしたらどんな楽曲を紡ぎ出したのだろうか」というイメージだという。全編を象徴する存在の青いチョウともリンクしており「6つの愛を結ぶ“ブルーバタフライ”の行方を示すような存在になってくれれば」と願った。

 松下はピアニストとしての本領を発揮し、歌とピアノでフジオカとの初コラボに挑んだ。「2人で歌えることがうれしかったです。アイカのタカヤを思う気持ちをピアノに乗せました。ディーンさんの歌に寄り添っていけたらいいなと思いながらレコーディングしました」と説明。俳優同士で、音楽の素養も高い2人が、心温まる作品を彩る。

最終更新:9/23(月) 5:01
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事