ここから本文です

【トロロッソ・ホンダ】クビアト「ミラーが“曇った”」ポイント獲得ならず

9/23(月) 8:59配信

TopNews

2019年F1第15戦シンガポールGP(マリーナベイ市街地サーキット)決勝レースを終え、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)が次のように振り返った。

■ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
レース:15位

「今日は僕の日ではなかったね。こういうレースをしたときは、素直に認めて責任を取り、次のレースに進む必要があるよ。

今日はポイントを獲得するチャンスがあったけど、残念ながらポイント獲得はならなかった。ライバルたちの後ろでどうすることもできなく、最高のドライビングを見せられなかった。

言い訳はしたくないけど、ミラーの“曇り”にも対処する必要があったね。ミラーが曇って守るのが難しかった。視界が悪かったから必要以上にスペースを空けなければならなかったんだ。

最後に、キミ(ライコネン/アルファロメオ)との接触によりクルマが破損し、さらに難しくなったけど、終わってみれば僕のレースはすでに妥協していたんだよ」

最終更新:9/23(月) 8:59
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事