ここから本文です

重低音を全身で感じる。ウェアラブルになったウーハー「Woojer Edge」

9/23(月) 20:01配信

ギズモード・ジャパン

ベスト型が凄い体験になりそう!

音楽を聞くウェアラブル・デバイスならヘッドホンとイヤホン。ですが大雑把にいうと、それはスピーカーを小さくして耳に当てているのと同じで、ウーハーから出る重低音を聞くこととは違います。とはいえもしウーハーの重低音だけを耳から聞いても、リズムしかわからないことでしょう。

【全画像をみる】重低音を全身で感じる。ウェアラブルになったウーハー「Woojer Edge」

しかし今、これまでの常識が変わろうとしています。

「Woojer Edge」登場

KICKSTARTERで資金を募集している、ウェアラブル・ウーハー「Woojer Edge」は、身体にウーハーを装着し、重低音を肌で感じることができます。骨伝導とは違い、重低音が身体に染み入るのです。

体験した人たちは衝撃を受けていますね。普通の人は、ヘッドホンの良し悪しを比較するのは難しいようですが、身体に変化が起こると耳からの音だけのときとは明らかに違いが感じられます。

これは音楽に限ったことではなく、ゲームや映画といった別のエンターテイメントでも効力を発揮。ホームシアターの前にいるわけではないのに、強烈な臨場感を文字通り“感じる”ことが出来るのです。

2種類のモデルを用意

「Woojer Edge」にはストラップ型とベスト型があります。200Hzまでの低音を振動に変換させる心臓部「Osci」が、ストラップ型にひとつ、ベストだと6つ搭載されています。

これにより、VRゲームで使えばハプティック・デバイスのように、上半身全部で重低音を受けることが出来るようになります。

KICKSTARTERの説明では、「ヘッドホンは50%しか仕事をしていない」とあります。ですがベース音を体感することで100%になるというワケ。なんだか『北斗の拳』にでてきそうなセリフだ…。

目標金額1億円超え

出資開始から残り27日時点で目標額の約216万円を大きく超えて、約1億4223万円以上の出資金が集まっています。ここまでゴールを超過しまくる商品はそうそうないので、世界中からどれほど望まれているかがわかります。出資金はストラップ型が超早割便で99ドル(約1万円)、早期便のベスト型が299ドル(約3万2300円)です。

音楽もゲームも映画もちょっとずつ好きで、外でも使いたい人ならストラップ型。エンターテイメントが大好きで、没入体験を求めている貪欲な人ならベスト型がオススメです。

Source: YouTube, KICKSTARTER via Fresh Gadgets

岡本玄介

最終更新:9/23(月) 20:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事