ここから本文です

大女優サラ・ベルナールの足跡たどる 横須賀で企画展

9/23(月) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 19世紀半ばから20世紀初頭に活躍した仏女優サラ・ベルナール(1844~1923)に焦点を当てた企画展「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」が横須賀美術館(横須賀市鴨居4丁目)で開かれている。当時の貴重な肖像写真やポスターをはじめ、アルフォンス・ミュシャら著名な芸術家の作品などを通じて、ベルナールの足跡をたどる。23日午後2時から、学芸員によるギャラリートークも行われる。11月4日まで。

 ベルナールはパリを拠点に活躍した女優。劇団を立ち上げ、看板女優として成功を収めて、世界的な人気と名声を得た。

 イメージ戦略のため、ポスターや写真を積極的に利用。主演作のポスター制作に当時無名だった新人画家ミュシャを抜てき、舞台ではルネ・ラリックの装飾品を使い、若い才能を開花させた。

 同展では肖像写真・画や彼女の舞台を彩ったポスター、工芸作品など約150点を展示している。また、彼女が生きた「ベル・エポック」(美しき時代)の芸術世界も紹介している。

 同美術館の担当学芸員は「自分自身のプロデュースのため、ミュシャら才能のある人を巻き込んでいくガッツがあった。新しい時代を切りひらいていったパワーを感じてほしい」と来場を呼び掛けている。

 観覧料は一般900円、高校生大学生・65歳以上700円、中学生以下無料。問い合わせは同美術館電話046(845)1211。

神奈川新聞社

最終更新:9/23(月) 5:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事