ここから本文です

【イノベーション】65kg賞金トーナメント全選手8名揃う、水落洋祐、小川翔ら新たに発表

9/23(月) 12:35配信

イーファイト

 11月17日(日)『JAPAN KICKBOXING INNOVATION 認定 第6回岡山ジム主催興行』(岡山市総合文化体育館)で行われる「岡山ZAIMAX MUAYTHAI 65kg賞金トーナメント」出場の全8名が発表された。4名は8月下旬に既に発表しており、今回の発表で全員が揃った。

【フォト】小川翔が、木村ミノルの強烈なパンチにローで対抗する

 このトーナメントはワンデートーナメント形式で行われ、全試合がヒジ・首相撲無制限の本場ムエタイに準ずるルール設定となっている。またファイトマネーとは別に優勝者には賞金50万円、準優勝10万円、KO勝利の選手にはKO賞3万円が贈られる。

 今回の発表では5冠王の水落洋祐(35=エイワスポーツジム)の出場が発表、KNOCK OUTでは、鈴木博昭、ポンサネー・シットモンチャイをKOで下し、今回のトーナメント優勝候補の一角、“クレイジーピエロ”山口裕人に勝利しているだけに実績は一番と言える。

 更に小川 翔(26=OISHI GYM)の参戦も発表。これまで木村ミノル、麻原将平、髙橋幸光など名立たるトップファイターに勝利してきたテクニシャンだ。小学生で極真世界王者に輝くなど空手のバックボーンに裏打ちされた下段蹴り(ローキック)の強さには定評があり、高い防御力とタフネスに優れ、総合力は今回のトーナメント出場選手の中でも最上級か。

  その他には世界最大級のキックボクシングプロモーション「GLORY」のフェザー級トーナメント準優勝の実績がある久保政哉(26=フリー)や、ノブ・ブレイブリー(近藤伸俊=36/BRAVELY GYM/KOSスーパーライト級王者、元WPMF世界スーパーライト級暫定王者、元WPMF日本スーパーライト級王者)が発表された。ノブは国内の知名度は低めだが2018年2月25日のKOSの地元興行メインで、タイ人選手を第1ラウンド91秒、縦ヒジ打ちでKOしてベルトを巻いている。

【新発表4名】
・水落 洋祐(ミズオチ・ヨウスケ/エイワスポーツジム/元WPMF世界ライト級暫定王者、元REBELS65kg級王者、REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者、元WPMF日本ライト級王者、元WBCムエタイ日本ライト級王者)

・小川 翔(オガワ・ショウ/OISHI GYM/WBCムエタイ日本ライト級王者、HOOST CUP 日本スーパーライト級王者、蹴拳ムエタイスーパーライト級王者、元REBELS-MUAYTHAIライト級王者、K-1甲子園2012王者)

・久保 政哉(クボ・マサヤ/フリー/GLORYフェザー級トーナメント準優勝、GLORYフェザー級14位)

・NOBU BRAVELY(ノブ・ブレイブリー/BRAVELY GYM/KOSスーパーライト級王者、元WPMF世界スーパーライト級暫定王者、元WPMF日本スーパーライト級王者)

【既報4名】
・山口裕人(27=山口道場/WPMF世界スーパーライト級暫定王者)
・マサ佐藤(32=名護ムエタイスクール/中国「英雄伝説」トーナメント覇者)
・タップロン・ハーデスワークアウト(36=タイ/ハーデスワークアウトジム)
・ジン・シジュン(韓国)

最終更新:9/23(月) 12:35
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事