ここから本文です

元代表の大野均選手 日本の次戦に期待 地元郡山でイベント参加

9/23(月) 9:56配信

福島民報

 二〇一五年ラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会で日本代表として活躍した郡山市出身の大野均選手(41)=東芝=は二十二日、市内で開かれたイベントに参加し、日本大会に臨んでいる代表にエールを送った。

 「四年前を経験した選手がさらに練習や試合を重ね、歴代最強になった」と日本代表を評価した。「初戦のロシア戦に勝利し、精神面で落ち着いたと思う。次のアイルランド戦は、開き直る気持ちでぶつかってほしい」と期待した。

 イベントは市内のショッピングモールフェスタ駐車場で開かれた郡山青年会議所主催の「ユニバーサルフェスティバル2019」。「音楽とスポーツでつながる郡山」をテーマに、楽器演奏やスポーツ体験を繰り広げた。

最終更新:9/23(月) 9:56
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事