ここから本文です

どういう患者が医者に好かれるのか?または嫌われるのか?

9/23(月) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 病院で治療を受ける時、どうせなら「医者に好かれる患者」でいたい。どういう患者が医者に好かれるのか? 『知ってはいけない医者の正体』の著書があり、のべ10万人以上の患者と接してきた「二本松眼科」(東京・平井)の平松類医師によると、大きく分けて2つのタイプがあるという。

「ひとつは、『治療などは、お医者さんにお任せします』と言って、本当に“お任せ”の患者さん。治療についていろいろ言われるのを面倒がる医者は多いので、こういった患者さんは歓迎されます。逆に、『お任せします』と口では言っているのに、実際はそうではない患者さんは嫌がられる傾向があります。そしてもうひとつの“好かれる患者さん”のタイプは、医者と同じ土俵で話せる患者さんです」(平松医師=以下同)

「同じ土俵」というのは、医者と同じ医学用語を介して話ができる患者、という意味ではない。医者の言う意味を正しく理解した上で、治療について希望を述べる、ということだ。たとえば乳がんで手術となった場合、医者は乳房の全摘手術を勧めている。しかし患者は乳房温存を希望している。

「がんの位置から、乳房温存では再発のリスクがあるとします。その説明を医者から聞き、患者さんが『再発リスクが高くてもいいから乳房を残したい』と言うなら、医者は患者さんの人生観を尊重し、それに沿った治療プランを立てるでしょう。これが私が言う“同じ土俵で話せる”です」

 しかし患者の中には、乳房温存のデメリットを医者が説明してもそれを聞こうとせず、「乳房を残したい。でも、再発リスクも低い方がいい」と言う人も少なくない。すると医者は「再発リスクが低いなら乳房全摘」と返すしかならず、堂々巡りだ。

「最初から感情的過ぎる患者さんは嫌がられる傾向があります。重大病を告げられてつらい気持ちも分かりますが、最初から『つらいんです』などと感情をぶつけられると、『状況判断に不要なデータばかりを出す患者』『オーバーに表現する患者』と認識されかねない。まずは冷静にご自身の症状を伝えるようにした方がいいでしょう」

 なにより、自分のために。

最終更新:9/23(月) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事