ここから本文です

【レッドブル・ホンダ】シンガポールでの不振はシミュレーションエラーが原因

9/23(月) 19:59配信

TopNews

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、本来得意としているはずのマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたF1シンガポールGPで苦戦を強いられたのは事前に行ったシミュレーター作業に原因があったのだと語った。

●【F1ハイライト動画】レッドブル・ホンダ3位!フェラーリが2年ぶり1-2フィニッシュ/F1シンガポールGP

低速コーナーが多い市街地コースであるマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットは空力特性が高いマシンが強さを発揮するサーキットだ。

事前の予想ではシンガポールではダウンフォースに弱点があるフェラーリは苦戦し、メルセデスとレッドブル・ホンダの戦いになるだろうと考えられており、F1関係者の中にはレッドブル・ホンダをここでの優勝候補筆頭にあげた者も少なくなかった。

ところが、大方の予想をうらぎってフェラーリが強さを見せてシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得し、決勝ではピット戦略で逆転したセバスチャン・ベッテルが優勝。チームとしてはベルギーGP、イタリアGP、そしてシンガポールGPと3戦連続ポール獲得と優勝を達成している。

一方、優勝候補にもあげられていたレッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが予選4番手にとどまるという意外な結果となってしまった。

決勝ではメルセデスのピット戦略ミスにも助けられてなんとか3位表彰台は手にしたものの、当初の思惑とは大きく異なる結果となってしまったのは事実だ。

どうしてレッドブル・ホンダは、得意としていたはずのマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで本領を発揮できなかったのだろうか?

「問題はシミュレーターの中にあったんだ。我々はそこで完全に間違いを犯してしまっていた」

オーストリアのテレビ局『ORF』にそう語ったマルコは次のように続けた。

「シミュレーターがレース週末に向けたセットアップの基準となるんだ。だからそこから間違っていれば、問題を抱えてしまうことになる」

「問題は、我々がシャシーのセットアップをかなり固めにしてしまっていたことだ。それによって安定性が欠けてしまっていた。それにダウンフォースも小さくし過ぎていたよ」

チーム代表のクリスチャン・ホーナーは3位となれたのは運も味方していたのだと次のように付け加えた。

「もしメルセデスがあの作戦ミスを犯してくれなかったら、もっと悪い結果になっていただろうね」

最終更新:9/23(月) 19:59
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事