ここから本文です

起業志望学生募る 福島県、来年に海外派遣へ

9/23(月) 10:00配信

福島民報

 県は起業に関心のある県内の大学、大学院、高専、テクノアカデミーに在学中の学生五人程度を来年二月下旬から、シンガポールに派遣する。費用はパスポート取得費などを除き無料。現在、参加者を募集している。

 「未来の起業家育成プログラム」で昨年に続き二度目。県、アカデミア・コンソーシアムふくしま、大学発ベンチャー創出・育成の実績を持つリバネスの主催。希望者は十月に県内四会場で開かれるセミナーのいずれかを受講する。いわき会場は十月十五日に福島高専、福島会場は十六日に福島大、会津会場は十七日に会津大、郡山会場は十八日に日大工学部。その後、十一月十六日午後一時半から郡山市の郡山中央公民館で開かれるワークショップを受講する。その中から選ばれた人が十二月と来年一月の計二回開かれる事前研修に臨む。

 シンガポール視察研修は来年二月二十五日から三月一日まで行われ、現地のベンチャー企業や大学などを訪れる。自身の強みや興味を生かし、社会問題を解決するアイデアを作り上げる。

 十月十日まで参加者を募集している。専用サイトから申し込みできる。アドレスは https://Lne.st/f5vw

 アカデミア・コンソーシアムふくしまを担当する福島大地域連携課の岩本正寛研究員とリバネス国際開発事業部の伊達山泉さんは二十日、福島民報社を訪れ参加を呼び掛けた。

最終更新:9/23(月) 10:00
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事