ここから本文です

親子で「食」学ぶ 料理や農業体験 伊達で教室

9/23(月) 10:01配信

福島民報

 健康的な食生活の定着を目指す、県の「親子で挑戦!『自分で採った野菜で健康料理』教室」は二十二日、伊達市で開かれた。参加者が料理教室や農業体験などで食に理解を深めた。

 福島民報社、県、県教委の連携事業「59健幸プロジェクト」の一環。福島市などから小学生と保護者ら四組が参加した。伊達市梁川町の旧五十沢小で料理教室を催した。地元の主婦らでつくる「五十沢おもてなし・し隊」のメンバーが講師を務めた。参加者は五十沢地区特産のあんぽ柿を使ったちらしずしを作り、家族で味わった。

 農業体験では農家を訪れ、ナスやキュウリ、カボチャなどの野菜を収穫した。バランスの取れた食事や減塩などについての栄養講座もあった。

最終更新:9/23(月) 10:01
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事