ここから本文です

「コミュタン」来館者30万人 山形君(郡山開成小)に記念品 三春

9/23(月) 10:06配信

福島民報

 三春町の県環境創造センター交流棟(コミュタン福島)の開館からの来館者が二十二日、三十万人を達成した。

 三十万人目となったのは、郡山市の開成小二年山形悠真君(8つ)。父忠嘉さん(35)ら家族四人で訪れた。同センターの渡辺良夫副所長が悠真君に認定証と記念品の目録を手渡した。

 施設内ではこの日、「コミュタンフェスティバル」が催された。悠真君は「自然が大好き。今日はコケ玉作りを楽しみに来た」と話していた。

 施設は、県内の環境と放射線について理解を深めてもらおうと、二〇一六(平成二十八)年七月二十一日に開館した。当初見込みの年間八万人を上回るペースで県内外から見学者が訪れている。

最終更新:9/23(月) 10:06
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事