ここから本文です

<西野七瀬>アニメで「明るい元気っ子」役に「不安」 「そういうタイプではないので…」

9/24(火) 4:00配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで女優の西野七瀬さんが、劇場版アニメ「コルボッコロ」(糸曽賢志監督)で、主人公・鈴の声優を務めることが9月24日、明らかになった。9月23日、東京都内で行われた会見に西野さんが登場し、自身が演じる鈴を「すごく明るい、元気っ子」と表現。続けて「私は、そういうタイプではないので、どうやって合わせていこうかなと。仕事をしていないときは、ずっとこのことばっかり考えて、『どうしよう、どうしよう』と不安のほうが大きい」と思いを明かした。

【写真特集】西野七瀬が少女役で声優挑戦! 会見で意気込み 写真を一挙紹介

 会見では、「コルボッコロ」と同時上映される「サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~」にお笑い芸人の小籔千豊さんがゲスト声優として出演することも発表され、小籔さんも登場した。同作で伝説のトナカイの孫、ルドルフ三世を演じる小籔さんは、アフレコへの不安を話す西野さんに「暗いのが明るいのを演じるのはまだましですよ。僕、人間なのにトナカイですから」と話し、周囲の笑いを誘った。

 西野さんはアフレコに向けて「家でもずっとブツブツ言って、小さめの声で練習してきた」と話し、不安はあるものの「自分なりには練習をしてきたので、教えていただきながら一生懸命できたら」と意気込みを語った。

 「サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~」「コルボッコロ」は、スタジオジブリの宮崎駿監督に師事した糸曽監督の初の劇場版アニメ。「コルボッコロ」は、不思議な力を持つ巫女(みこ)の血を継承する14歳の少女・鈴の成長を描く。「サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~」は、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年記念作。両親が離婚、父親も仕事で大忙しのため「今年もひとりぼっちか」と憂鬱な気持ちで自宅に帰ったノエルが、サンタクロースが属する会社「サンタ・カンパニー」に入社することから始まる冒険を描く。2作は11月29日に公開。

最終更新:9/24(火) 4:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事