ここから本文です

関西国際空港、荷さばき業務にパワードウェア導入へ 腰への負担軽減

9/23(月) 18:00配信

レスポンス

関西エアポートは9月24日より、関西国際空港国際貨物地区にて、パナソニックグループのATOUN社が開発したパワードウェア「ATOUN MODEL Y」を導入すると発表した。

[関連写真]

ATOUN MODEL Yは、ユーザーが着用して使用する腰用パワーアシストスーツ。体幹の動きを位置センサで検出し、動作意図に合わせて腰部のモータを回転させることで作業時の腰部への負担を軽減する。アシスト力は最大10kgfで、約4時間稼働できる。

パワードウェアは、需要拡大による業務量拡大を背景に、関西エアポートグループの空港グランドサービスを担うCKTS社が空港上屋内における航空貨物荷捌業務にて採用。オリックス・レンテックが提供するロボットレンタルサービス「RoboRen」にてレンタル導入する。

関西エアポートでは、導入に先立ち、2019年6月から7月にかけて実証実験も行った結果、荷捌作業における作業員の腰への負担が軽減するなど、一定の効果が得られており、空港現場業務における働き方改革や業務効率化に繋げていきたいとしている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/23(月) 18:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事