ここから本文です

ラグビーワールドカップ、批判浴びた「食品持込規制」を23日から緩和へ

9/23(月) 15:15配信

ねとらぼ

 ラグビーワールドカップ2019組織委員会は9月23日、一部で批判を浴びていた「試合会場への食品の持込禁止」について、一部規制を緩和すると発表しました。9月23日のウェールズvsジョージア(豊田スタジアム)から適用。

【ネット上で寄せられていた批判の一部】

 今回規制緩和が発表されたのは、持込禁止物のうち「食品」で、従来は一切持ち込み禁止でしたが、今後は「個人で消費できる程度の量」に限り、持ち込みが解禁されます。なお、飲料についてはこれまで通り持込禁止で、これについては「全ての会場に無料の給水所をご用意しておりますので、ご利用ください」とのこと。

 規制緩和に至った理由については、「一部試合会場内の食品販売店舗において、商品が売切れとなるなど、ご来場者の需要にお応えできない状況が発生」しており、「より快適な観戦環境を提供するため」、規制緩和を決めたとのこと。ネット上でも開幕後から、「食べ物がすぐに売り切れてしまって買えない」「子どもが売店の前で泣いている」などの報告があがり、話題になっていました。

ねとらぼ

最終更新:9/23(月) 15:15
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事