ここから本文です

障害者雇用支援へ研修 東部特支学校・伊豆松崎分校

9/23(月) 8:36配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 松崎町の県東部特別支援学校伊豆松崎分校は20日、同校の教育方針や生徒への理解を深めてもらおうと障害者雇用研修会を開いた。

学校と行政、民間企業、福祉事業所などから約25人が参加し、職場が求める人物像や採用後の課題などについて意見交換した。

 研修会は生徒の職場体験や就職先の拡大につなげようと企画した。

 ある介護福祉施設の担当者は、障害者が職場で働く実際の様子を踏まえながら、「障害者の能力に応じた仕事を割り振り、徐々に仕事の幅を広げていけば戦力になる」と指摘。

 一方、別の参加者からは「職場上司からの注意を叱られたと誤解して落ち込み、離職の原因となっている」との意見もあった。

 参加者は生徒が授業に取り組む様子も見学した。

 同校の進路指導担当の鈴木理史教諭は「生徒が社会で活躍できるよう参加者から寄せられた意見を教育現場に反映させていきたい」と話した。

静岡新聞社

最終更新:9/23(月) 8:36
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事