ここから本文です

米大統領選へ、新疑惑巡り攻防 トランプ政権と民主党

9/23(月) 10:35配信

共同通信

 【ワシントン共同】来年の米大統領選に向け、野党民主党の有力候補バイデン前副大統領のスキャンダルを探すため、トランプ大統領がウクライナに圧力をかけたとの疑惑を巡り、民主党幹部は22日、大統領弾劾に言及して非難を強めた。政権側は疑惑を否定し「バイデン氏の方を調べるべきだ」と反論、攻防を繰り広げた。

 疑惑は、トランプ氏が7月にウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談で、バイデン氏の息子ハンター氏が同国の天然ガス会社役員を務めていた際に不正行為がなかったかどうか調べるよう迫ったとの内容。

最終更新:9/23(月) 10:37
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事