ここから本文です

【スプリンターズS馬体診断】ミスターメロディ

9/23(月) 13:33配信

デイリースポーツ

 「スプリンターズS・G1」(29日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、スプリンターズSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 スプリンターズS出走馬の馬体をチェック

 【ミスターメロディ 評価A】

 高松宮記念(1着)当時にも記したが、首回りの太さや正方形に近い馬体の形から、芝1200メートルは最適な条件だ。5カ月半ぶりだった前走のセントウルS(8着)では馬体に若干の余裕があったが、ひと叩きされたことで張りが出て、無駄肉もなく研ぎ澄まされている。

 下腿(かたい)にはっきりと血管が浮き出ており、皮膚の薄さもうかがえ、100%に近い仕上がりと言えそうだ。500キロ近い大型馬が、馬体を小さく見せているのは状態の良さの証明で、顔つきに精悍(せいかん)さが増したのも好感が持てる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東坂路で4F54秒2-38秒9-12秒5(馬なり)。気負うことなくスイスイと登坂。ゴール前も余力十分に上々の伸び脚を見せた。気配は上向いている。

最終更新:9/23(月) 13:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事