ここから本文です

日向坂・小坂菜緒、初映画初主演で不得意なホラー映画も「最後はさみしくなった」

9/23(月) 10:49配信

スポーツ報知

 日向坂46の小坂菜緒(17)が23日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で映画「恐怖人形」(今秋公開、宮岡太郎監督)の特報舞台あいさつに出席した。

 小坂にとって銀幕デビューが初主演となった今作。異例となる映画の予告編舞台あいさつを行った。サプライズでの登場となるが、「映像のお仕事をしたことが無かったので、撮影初日は緊張して話せないくらいだった。不安な所もあったが、新鮮でした。ホラー映画なので走ったりアクションもやりました」と自信をのぞかせた。

 ホラー映画自体は得意ではないが「撮影中は怖くはなかった。(撮影中の)怪奇現象もあったのかも知れないけど、私が鈍感なので気付きませんでした」。題名の通りに、日本人形が出てくる中、「最初は怖かったけど、撮影の最後は別れるのがさみしくて。人形がいとおしくなってしまい、記念撮影もしました」と明かした。

最終更新:9/23(月) 11:42
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事