ここから本文です

広島・長野が技ありの先制適時打 引退試合の永川にささげる一打

9/23(月) 14:34配信

デイリースポーツ

 「広島-中日」(23日、マツダスタジアム)

 広島・長野久義外野手が、引退試合で先発を務めた永川にささげる先制打だ。

【写真】移籍後初の猛打賞に笑顔の広島・長野

 0-0の初回、2死から3番鈴木が左越え二塁打で出塁。大野雄の暴投で三塁ヘ進み、続く4番長野が中前へ先制適時打を放った。内角低め、ワンバウンドすれすれのフォークを仕留める技術の高い一打。カープファンから大歓声がわき上がった。長野は「打ったのはフォークかな。何とか先制点につながって良かったです」とコメントした。

 現在3位で、中日は1・5差で4位。CS圏内のAクラスを争うライバルとの重要な戦いで、まずは主導権を握った。

最終更新:9/23(月) 15:02
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事