ここから本文です

石黒賢、カズレーザー、古市憲寿氏、鈴木啓太氏が「とくダネ!」スペシャルキャスターに

9/23(月) 14:04配信

スポーツ報知

 俳優の石黒賢(53)、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(35)、社会学者の古市憲寿氏(34)、元サッカー日本代表の鈴木啓太氏(38)が、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)のスペシャルキャスターとして30日の放送から曜日替わりで出演することが分かった。カズレーザー、古市、鈴木氏が情報番組のキャスターを務めるのは今回が初めて。

 今年放送開始から21年目に突入した同番組が大幅にリニューアル。現在メインキャスターを務める小倉智昭(72)、同局の伊藤利尋アナ(47)、山崎夕貴(32)アナに加え、4人のスペシャルキャスターが番組の新たな顔として出演。4人は、ニュースに対する私見を述べるだけでなく、自身の得意分野でプレゼンする定期コーナーを受け持つ、まさに特別なキャスター。月曜は石黒、火曜はカズレーザー、水、木曜は古市氏、金曜は鈴木氏がそれぞれ担当する。

 月曜の石黒が担当するのはスポーツ。父は日本初のプロテニスプレーヤーで、自身も大学までテニス部に所属していた石黒が、週末に行われたスポーツを中心に熱く伝えていく。「東京オリンピックという大きなスポーツイベントを控え、そこに出場するアスリートの皆さんにお会いして、ぜひいろいろな話を聞いてみたいです」と気合が入る。プライベートでもさまざまなスポーツの現場を訪れていた経験を生かし、キャスターとして注目選手たちの取材を行う。

 火曜のカズレーザーは同志社大学卒業のインテリ芸人として新聞の一面記事など、わかっているつもりでも、実は何も知らない…そんな難解なニュースを、知らない側の立場でわかりやすく解説する。オファーを受けた心境について「目的がわからなかったです。真実を伝える報道情報番組に芸人が必要なのか。ただこれを逃したら、こんなに朝早くから起きる機会はないと思うので、怖い物半分で受けました」と率直な感想を明かし、「長くなるか短くなるかわかりませんが、みなさまと朝に会えることを楽しみにしています」と呼びかけた。

 水曜と木曜に出演する古市氏は、同番組に2012年からコメンテーターとして出演しており、満を持して“番組の顔”になることになった。これまでどおり、さまざまなニュースへの見解を語っていくだけではなく、キャスターとしてニュースの現場に訪れたり、話題の人物を直撃していく。古市氏は「大々的に始まった企画があっさりと消えていくのを何度も見てきたので、このスペシャルキャスターもいつまで続くか怪しんでいます。でも挑戦を忘れないところが『とくダネ!』の魅力ですよね。炎上で番組終了なんて事態だけは避けたいところです」とキャスター就任の思いを明かし、「“小倉さんと最新流行スポットを巡る”とか、“小倉さんの家に招かれてご飯を食べる”とか、そういう企画があったら楽しそうですね」と語った。

 金曜に出演する鈴木氏は、サッカー選手として活躍した後、現在は実業家として、腸内細菌を解析しアスリートをサポートする事業を手がけている。その知見を生かし、“健康”にまつわるさまざまな情報を発信していく。「『とくダネ!』ファミリーの一員として、金曜日の皆さんに少しでも笑顔やパワーをお届けできればと思います。よろしくお願いいたします!」と意気込みを語った。

最終更新:9/23(月) 14:04
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事