ここから本文です

大池水杜がV3「東京五輪で金メダルを」 BMX全日本選手権

9/23(月) 14:58配信

スポーツ報知

 20年東京五輪で新採用される自転車BMXフリースタイル・パークの全日本選手権が23日、岡山・下石井公園で行われた。エリート女子決勝では18年W杯フランス大会女王の大池水杜(みなと、22)=ビザビ=が88・33点をマークして3連覇を達成した。

 圧巻のランをみせた。大池は「確実にいった」という1本目で86・00点をマークしてトップに立つと、2本目も点数を伸ばした。緊張で力んだ1本目に対して、攻めの姿勢を貫いた2本目は「ミスもあったが、大きく転ぶことなく走り切れたことは収穫」。後半に組み込んだ練習中の「エアターンテールウィップ(エアターンする際にハンドルを握ったまま車体を1回転させる)」こそキャッチに失敗して足をついてしまったが、得意の「ノーハンド(空中で両手を離す)」や「バックフリップ(車体とともに後方宙返り)」などはダイナミックかつ美しく決まった。

 岡山に拠点を移して約1年。“地元”での日本一決定戦には多くの友人らが駆けつけ、声援を送った。「やはりここで勝てるというのはうれしい」と笑顔の22歳。来年には東京五輪も控えるが「びびらずに攻めることができれば、これからの世界大会でも表彰台には乗れると思う。五輪では金メダルを獲りたい」と意気込む。さらなる高みへ、技を磨く。

最終更新:9/24(火) 8:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事