ここから本文です

ラグビーW杯会場、食品の持ち込みを緩和 飲料は変わらず禁止

9/23(月) 14:57配信

スポーツ報知

 公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会は23日、これまで設定していた会場内への食品の持込禁止を一部緩和することを発表した。20日の開幕以降、一部会場で食品の売り切れが発生。来場者の需要に追いつかず、今後も同様の事態が想定されたため。23日のウェールズ―ジョージア戦(豊田スタジアム)から適用される。

 緩和の対象は、食品(個人で消費できる程度の量)とした。飲料についてはこれまで通り、持込禁止のまま。全会場には、無料の給水所が用意されている。

最終更新:9/24(火) 8:31
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事