ここから本文です

キラー・カーン氏がKINGレイナと意気投合…女子格闘技DEEPジュエルス10・22後楽園大会に“出陣”宣言

9/23(月) 17:10配信

スポーツ報知

 “蒙古の怪人”として米国でトップヒールだった元プロレスラーのキラー・カーン氏(本名・小沢正志)氏(72)が23日、東京・新宿区の「居酒屋カンちゃん」(JR新大久保駅下車すぐ)で初の単独トークショーを行った。これまで居酒屋トークは、藤波辰爾(65)、初代タイガーマスク(佐山サトル)、藤原喜明(70)、前田日明氏(60)ら様々なゲストが登場してきたが、居酒屋単独ライブは初めてのこと。

【写真】没後27年“伝説の歌手”尾崎豊さんのファンが集まる“元悪役”キラー・カーンの居酒屋

 居酒屋での酒飲み話でしか聞けない話を昼間に素面(しらふ)で聞く企画。「信者の方はご遠慮願います」とアントニオ猪木氏(76)、坂口征二氏(77)、長州力(67)、ジャンボ鶴田さん(故人)、新間寿氏(84)の裏話の連発になり、記事には書けない話ばかりになった。

 観客の中で熱心にトークに耳を傾けていたのが、「RIZIN」でも活躍中の女子格闘家、KINGレイナ(23)。J-GIRLSミニフライ級初代王者のジェット・イズミ(44)とともに、プライベートで遊びに来ていた。トークショー終了後、KINGレイナは「プロレス界のことや他の格闘家の話を聞くのは、勉強になります」と感謝。キラー・カーン氏は、昭和のプロレスファンの面々に、KINGレイナを紹介し、拍手喝采を浴びた。

 カーン氏は、レイナが出場する10月22日の「DEEP JEWELS(ジュエルス)」後楽園ホール大会に応援に行くことまで約束した。プロレス界から遠ざかっているカーン氏が、後楽園ホールに出向くとなれば、2008年の「昭和プロレス」で歌謡ショーを行って以来、11年ぶりのことになる。今回はあくまでも、お客さんとしての来場の意向だが、女子格闘技と異色の交流が実現することになった。

最終更新:9/23(月) 19:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事