ここから本文です

レスリング女子76キロ級・五輪内定の皆川博恵が世界選手権銀メダルから帰国 愛犬とリフレッシュも

9/23(月) 20:09配信

スポーツ報知

 レスリングの世界選手権(カザフスタン)に出場した女子日本代表が23日、成田空港に帰国した。76キロ級で銀メダルを獲得し、32歳で初の五輪切符を手にした皆川博恵(クリナップ)は「五輪がかかった世界選手権で今までで一番いい色メダルを取れた。今までやってきたことが間違っていなかったし、成長もできた」と充実の表情で話した。

 この後は少しの期間だが、休養を取る。最近飼い始めたフレンチブルドッグの「マハロ」と「レイア」が自宅で帰りを待っている。「家に帰って犬と遊びたい。8月も合宿があって家にいなかったので、遊べるのは久しぶり」とうれしそうに話した。2匹の名前の由来は「ハワイに1回しか行ったことないけど、ハワイの名前をつけちゃいました」とデレデレ。「練習で疲れて帰っても、私が家に帰るだけで喜んでくれるので、癒やされています」。愛くるしい家族に癒やされ、五輪本番へエネルギーチャージする。

最終更新:9/24(火) 7:36
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事