ここから本文です

千葉県 強風に注意 厳しい暑さ 夜でも熱中症対策を

9/23(月) 10:20配信

tenki.jp

23日(月)、千葉県では、台風17号から変わった発達した低気圧の影響で、風が強めに吹く見込みです。南風と強い日差しで厳しい暑さになり、夜も気温が下がりにくいでしょう。

千葉県 瞬間的に30メートルの風が吹く恐れ

23日(月)午前9時、台風17号は日本海で温帯低気圧に変わりました。台風から変わった低気圧は、勢力を維持したまま、日本海を北東へ進む見込みです。今後、強風が吹く範囲が広がるでしょう。

千葉県では、夜遅くにかけて南風が強まり、24日(火)未明にかけても、やや強い風が吹く所がある見込みです。台風15号の影響で被災した地域では、災害復旧作業への影響に十分留意して下さい。

予想される最大瞬間風速は、北西部、君津、北東部、夷隅・安房30メートルです。固定されていないプレハブ小屋が移動したり、転倒したりするほどの風です。屋根にかぶせたブルーシートなどが飛ばされる恐れがありますが、屋根の上に登るなど、高い所での作業は極めて危険です。

夜でも気温下がりにくい 湿度も高め

千葉県では、午後は次第に雲が少なくなるでしょう。南風と強い日差しで、気温がグンと上がります。最高気温は28度から29度くらいの所が多い予想です。夜でも気温は25度くらいまで下がらず、湿度も高めでしょう。夜でも熱中症に注意が必要です。お持ちであれば、冷却シートを使うなどで、体を冷やすといいかもしれません。効率よく体を冷やすためには、両脇の首筋、腋の下、足の付け根など、太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと良いようです。

日本気象協会 本社 白石 圭子

最終更新:9/23(月) 10:20
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事