ここから本文です

北海道 低気圧接近 雨や風はこれからがピーク

9/23(月) 16:00配信

tenki.jp

台風17号から変わった温帯低気圧は日本海を北上し、勢力を維持しながら北海道付近に近づいています。北海道地方の現在降っている雨や風はさらに強まり、夕方から夜にはピークを迎えます。

雨は既に全道に

台風17号は今日(23日)午前9時に温帯低気圧に変わりました。しかし、この低気圧は勢力を維持しながら日本海を北上し、北海道付近に近づきます。
北海道では今日に入って道南から雨が降り出し、午後3時現在、ほぼ全道に雨の範囲が広がっています。午後3時までの24時間に降った雨の量は渡島地方の福島町千軒で最も多く70.5ミリなど、既にまとまった量の雨となっている所もあります。

雨や風が強まってくる

雨や風は低気圧の接近に伴ってさらに強まり、今日の夕方から夜にかけてピークを迎えます。
雷を伴い、1時間に降る雨の量は日本海側と太平洋側西部で40ミリ、その他でも30ミリと激しく降り、明日(24日)正午までの24時間に降る雨の量は日本海側南部と太平洋側西部で150ミリ、その他では120ミリに達する恐れがあります。
風も陸上で最大瞬間風速が30メートルの暴風となる見込みです。
横殴りの降り方となり、歩行中のみならず運転中でも視界が悪く、横風にあおられるなど大変危険です。壊れた構造物が風で飛んできたり高所から落下してきたりする恐れもあります。

これからは不要不急の外出は避け、停電に備えて懐中電灯などの場所を確認するなど、万一に備えての準備を行って下さい。

日本気象協会 北海道支社 鎌田 隆則

最終更新:9/23(月) 16:00
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事